不動産ローンや住宅ローンなどの組み方とポイントをご紹介!

住宅ローン金利とは??

住宅ローン金利というのは、二つに大きく分けることが出来ます。ひとつ目は固定金利、そして二つ目は変動金利です。住宅ローンの固定金利の場合には一度住宅ローンを借り入れれば、返済している期間中金利が変わることは一切ないということになります。ですから最初からいくら返済していけばいいのかが明確にわかることから、住宅ローン金利の固定金利は把握しやすいこともあり、しっかり安定して返済していけるという特徴があります。
それに比べて変動の住宅ローン金利の場合には、返済をしている間に金利が変わってしまいますし、残っている住宅ローンに対して、利息が半年ごとに、金利水準によって見直しが行われて再計算されていきます。金利が変動するといっても返済する額は5年ごとお見直しになるので、それほど金利が何度も何度も変わるということはありません。
しかし固定金利と比べると、住宅ローンの変動金利は、これから先、住宅の金利がどれくらい上がるのかわかりませんから、かなり返済額に幅が出ると思いますし、不安定になるという特徴があると思います。しかし固定金利に比べれば、金利が低く設定されていますから、金利が低い時期が続けば続くほど、経済的な負担は抑えられるというメリットがあるのが変動金利の特徴です。最近は住宅ローンの金利が35年ずっと同じであるフラット35と呼ばれる住宅ローンなども人気がありますから、住宅ローンを組む際にはよく金利についても考えなければいけません。

厳選4

# サイト名 PR リンク