不動産ローンや住宅ローンなどの組み方とポイントをご紹介!

住宅ローンの変動金利とは??

住宅ローンの金利には変動金利と固定金利がありますが、住宅ローンの変動金利を今利用している人は多いといわれています。住宅ローンを利用する際に固定金利が変動金利がどちらが得なのかと計算し始める人もいると思いますが、変動金利はその名の通り、金利が変動しますから、やはり完済してみなければ、総支払額を計算することはできません。
住宅ローンの金利を考えるときに、自分の家のライフスタイルやライフプランを考えて、もしも金利が上がったとしても、支払っていける能力があるのでしたら、変動金利にしても大丈夫だと思いますが、将来的に金利が上がって困るという場合には、固定金利で住宅ローンの返済をしていった方がいいかも知れませんね。
これから先の金利は、動きが読めず、どうなるのかわからないのが現状ですが、変動金利でお金を借りて、金利が上がってさらに住宅ローンの負担が重くなってしまってから、固定金利に変えたいと思っても、その時代にはすでに固定金利もさらに高くなっていることが多いです。
一番利口な住宅ローンの金利としては固定金利のローンと、変動金利のローンを半分ずつ借りているのが一番といわれています。変動金利の安さを実感するとともに、固定金利での金利が変わらないという安心感を実感できるというのが一番いいと思います。
今の時代は金利がどのように動くのかまだよくわかりませんから、自分たちに合わせて変動金利にするかどうか検討してみるといいでしょう。


厳選2

# サイト名 PR リンク